ラブグラについて説明する女性

ラブグラは女性の性的欲求・快感などを満足させてくれるお薬となっています。バイアグラと同じ成分が含まれていますので、服用後に性的刺激を受けた際に効果を発揮します。今まで不感症などで悩んでいた方は一度ラブグラを試してみてはどうでしょう。

女性の下半身の悩みにランキング上位のラブグラ

女性は不感症によって、SEX時の快感が得られなくなってしまうことがあります。
下半身の悩みは、病院受診に抵抗があるというデメリットがあります。治したいけれどもどこに相談すれば良いのかわからないし、医師に相談するのが恥ずかしい、というケースも多いです。
こういう場合には、ネット通販で不感症の治療薬を個人輸入するという手があります。ランキング上位に入っているのが、ラブグラという薬です。女性用バイアグラとも呼ばれており、不感症や性的興奮障害を改善させる薬です。
100mgで売られていますが、日本人女性は体格が小さいので半分に分割して50mgで使ったほうが、効果がちょうど良い可能性が高いです。分割には専用のピルカッターも販売されているので、ラブグラと一緒に通販しておくと良いでしょう。
ラブグラは男性のバイアグラと同様に、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害して、血流を改善させる働きがあります。PDE5は血管拡張物質のcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質を壊してしまう働きがあるので、それをストップさせて全身の血流を良くします。
すると女性器周辺やクリトリスの血流が増加するので、感度が高くなります。
ラブグラと併用禁忌になっているのは、狭心症や心筋梗塞の治療に使われているニトログリセリン系の薬です。この系統の薬には血管を拡張させるという、ラブグラと同じような効果があります。そのため、併用してしまうと血圧が下がりすぎてショック状態を引き起こしてしまう恐れがあります。場合によっては死に至る危険性もあるので、併用は絶対にやめましょう。
そのほか、不整脈の治療薬とも飲み合わせが悪いです。